iPhoneの進化の流れを知ることでデバイスの進化の歴史が分かる!

自社CPUへ転換

これまでのデザインから更なる進化を遂げたのがiPhone4です。iPhone4は2010年の6月7日に行われた"WWDC2010"で初めてお披露目となり、同年の6月24日に発売が開始されます。それまでのポリカーボネートで作られた曲線型のデザインとは異なり、より角ばった平べったい強化ガラス製となったことにより、より重厚感のある仕上がりになっただけでなく、小型化することによって子どもや女性の手にも馴染みやすいデザインとなりました。

さらに、ここからApple社は他社製のCPU依存から脱却しオリジナルのCPUであるAppleA4へと移行し、それだけでなくOSもiPhone OSからiOSへと変化します。このiOSはiPhoneだけでなくiPadやiPhone、iPodなどのApple社の製品に搭載されるものとなり、これにより、さらに多彩な機種同士のデータ間のやり取りなどの連携が可能となっていくのです。

また、ディスプレイ解像度も向上しました。「Retinaディスプレイ」と呼ばれるこの液晶画面はiPhone3GSの4倍となっており、美しい画面が人々の心をより惹きつけます。これにより動画を楽しむということが当たり前になってきたスマートフォンの世界において、ますますリードすることになるのです。