iPhoneの進化の流れを知ることでデバイスの進化の歴史が分かる!

遺志を受け継ぐ

2011年10月5日に発表、同年10月14日の発売をスタートしたiPhone4sはApple社にとって特別な意味合いを持つ機種となってしまいます。その理由がスティーブ・ジョブス氏の死去です。スティーブ・ジョブス氏は様々なテクノロジーを革新した人物であり、ITをよりスタイリッシュなものにしたという偉大なる功績を持っています。その中のひとつがiPhoneです。開発者であるスティーブ・ジョブス氏が亡くなったことにより、その進化の行方にも注目が集まります。

iPhone4sはその意思を表すかのような強烈な進化をしていることが目に留まります。CPUのグラフィック性能はApple5チップというCPUを搭載することによって7倍にまで向上していますし、カメラ機能は800万画素の静止画撮影、FullHDでの動画撮影などデジカメレベルの進歩を見せています。

さらに、革新的な技術であるiCloudもサービスとして導入されました。これまでは機種内のデータ容量内でしか情報を管理出来ませんでしたが、このクラウドサービスを利用することによって、大容量のサーバーを自分で管理するような今まででは考え付かない管理の仕方を実現出来るのです。このように、ジョブスのチャレンジスピリッツが詰め込まれたような機種だということが理解出来るでしょう。